サイトロゴ.001

出生届とは?最適なテンプレートもご紹介

出生届とは?

出生届とは、新しく生まれた赤ちゃんの基本情報を届け出る手続きのことを指します。日本では、民法に基づき、出生届を出すことが法律で義務付けられています。

出生届には、赤ちゃんの名前、性別、生年月日、出生地、出生順位などが記載されます。出生届を提出することで、赤ちゃんは戸籍に登録され、国民健康保険や社会保険の加入、公的年金の受給資格などが得られるようになります。

また、出生届は出生後14日以内に市区町村役場に提出する必要があります。

出生届と社内申請

出生届は社内で申請する必要がある場合があります、ここでは、なんのために出生届を提出する必要があるのかをご紹介します。

産休や育児休暇の取得
出産した社員が産休や育児休暇を取得する際には、出生届の提出が必要な場合があります。事前に出生届を社内で提出することで、その後の産休や育児休暇の取得手続きがスムーズに進められます。
社員の家族手当の支給
企業によっては、社員の家族に対して手当を支給する制度があります。
社員の保険料の変更
出生届を提出することで、新しく生まれた赤ちゃんが国民健康保険や社会保険に加入することができます。そのため、保険料の変更手続きが必要となります。社内で出生届を提出することで、人事部は、事前に把握できるので、保険料の変更手続きがスムーズに進められます。
社員の福利厚生の充実
企業によっては、出産祝いやベビーギフトの支給など、社員の福利厚生を充実させる取り組みを行っている場合があります。この場合、出生届の提出が必要となります。

福利厚生が充実している企業では、結婚や出生、産休などのライフイベントの際に手当てや休暇等を出している場合があります。

これらの福利厚生を受けるためには、それぞれの申請書を提出し、社内保管する必要があります。

SmartFlowと出生届

SmartFlowでは出生届の申請テンプレートを用意しています。管理者は、申請フォームのテンプレートから出生届をコピーして作成することが可能です。

MicrosoftTeams-image (3)

作成したテンプレートには、出生日や子供の指名、続柄や扶養に入れるかどうか、出生した病院の情報、母子手帳の写し等の添付情報まで自動で作成されます。

会社規定に則って、各項目を必須にしたり、添付ファイルを追加するなど、柔軟にカスタマイズすることも可能です。

MicrosoftTeams-image (4)