ワークフローとは?導入するメリット3選

ワークフローとは業務の流れのことを指します。その一連の業務の流れを自動化(システム化)するのがワークフローシステムです。最近ではテレワーク対応や業務効率化を目的に、ワークフローシステムを導入する企業が増えています。

連携機能(SSO)

連携機能(通知)

表示速度、操作性に優れている

1.連携機能(SSO)

LINEWORKSやMicrosoft 365と連携する事が可能です。連携を行うと、SSO(シングルサインオン)が可能になります。SSO(シングルサインオン)とは、1度ユーザー認証 (ログイン) を行うと、以後そのユーザー認証に紐づけられているシステム・サービスを、追加の認証なしで利用できる機能です。

アプリは、基本的に一度インストールすればホーム画面から即座にアクセスできるため、パスワードやIDを覚えておく必要が少ないですが、ログアウトを実施した際もSSOの設定を行なっている場合は、LINEWORKS IDだけで再ログインが可能になり、ログイン時のストレスを最小限に抑える事が可能です。

利用.001

2.連携機能(通知)

通知機能については、LINEWORKS、Slack、*Teamsと連携が可能です。各サービスと連携を行うことによって、LINEWORKSSlack*Teamsに承認依頼が届き、その通知についているURLから、直接申請書に遷移して承認を行う事が可能になります。毎日業務で開くアプリと連携する事によって、業務の確認漏れを防ぎ、スピーディーな承認フローを実現します。

*Teams連携については、
202212月のリリースを予定しております。

LINE WORKS連携について

3.表示速度、操作性に優れている

SmartFlowが提供しているアプリを利用する事で、よりスピーディーで簡単に申請、承認を完了することが可能になります。アプリとWeb版は通信速度が異なります。インターネットの通信速度はモバイル・PC問わず回線の速度に左右されますが、アプリは一度インストールすると電波が必要なのはコンテンツ更新の場合のみとなり、通信量を抑えることができます。電波に左右されないアプリの通信速度はWebサイトよりも速く、利用しているユーザーにストレスを与えません。また、UIについてもスマホに特化した形でデザインされている為、ユーザーにとって、使いやすいシステムになっています。

使う.001

カンタン1分で完了!トライアル登録で全ての機能がお試し可能です。