LINEとLINE WORKSの違いとは?
LINE WORKS徹底解説!

LINEとLINE WORKSの違いとは? LINE WORKS 徹底解説!

LINEとLINE WORKSは、同じ企業グループ内の兄弟会社から提供されている別々のサービスです。LINEはLINE株式会社が、一方、LINE WORKSはワークスモバイルジャパン株式会社がそれぞれ提供しています。
この記事では、ビジネスにおけるLINE WORKSの役割と、ワークフローシステムとの連携により業務プロセスを如何に効率化し、自動化するかを具体的な手法と実例を交えて解説します。

目次

LINEとは?

LINEの基本的な機能と使用方法

LINEは、無料でメッセージを送信できるスマートフォンアプリケーションです。文字だけでなく、画像や動画、スタンプを使ってコミュニケーションをとることが可能で、個別またはグループでのチャットが可能です。
また、無料通話やビデオ通話機能も備えています。

LINEのビジネス応用

ビジネスの現場でも、LINEはコミュニケーションツールとして広く活用されています。例えば、社内の連絡はもちろん、顧客とのコミュニケーションやプロモーション活動などにも使用されます。

LINE WORKSとは?

LINE WORKSの基本的な機能と特徴

LINE WORKSは、LINEのビジネス版とも言えるツールで、企業の内部コミュニケーションを支援します。
LINEと同様にチャット機能を中心に、メール、カレンダー、ドキュメント共有など、業務に必要な機能が一つにまとまっています。

LINEとLINE WORKSの違い

使用目的
LINEは基本的にプライベートなコミュニケーションを目的としていますが、LINE WORKSはビジネスコミュニケーションを支援するためのツールです。

機能性
LINE WORKSは、LINEにはない企業向けの機能を備えています。
例えば、大量のメールを一元管理できるメール機能や、スケジュールを共有できるカレンダー機能などです。

セキュリティ
企業での使用を想定しているLINE WORKSは、LINEよりも高度なセキュリティ機能を提供しています。例えば、二段階認証や、情報漏洩防止のための機能があります。

LINE LINE WORKS違い

LINE WORKSとワークフローシステムの連携

ワークフローシステムの基本的な概念

ワークフローシステムとは、組織のビジネスプロセスを自動化・最適化するためのソフトウェアツールです。具体的には、承認フローの管理、ドキュメントのルーティング、業務フローの設計・実行・監視等を行います。

LINE WORKSにワークフローシステムを導入するメリット

LINE WORKSとワークフローシステムを連携させることで、以下のようなメリットがあります。

効率性の向上:業務の自動化により、手作業や重複作業を減らし、効率性を向上させます。

コミュニケーションの円滑化:承認フローや業務進行状況をリアルタイムで共有することで、スムーズなコミュニケーションを実現します。

業務の透明性:全ての業務プロセスがデジタル化され、誰でも状況を確認できることで、業務の透明性を高めます。

ビジネスにおけるワークフローシステムの活用例

ワークフローシステムは、人事・経理・販売など、組織内の様々な部門で活用されます。
例えば、経費精算や休暇申請の承認フロー、契約書のルーティング、プロジェクトのタスク管理など、定型的な業務プロセスを自動化し、エラーを減らし、生産性を向上させます。

業界や企業での成功事例の紹介

業界や企業での成功事例の紹介

LINE WORKSとワークフローの連携でレスポンスも素早く書類作成時のミスを抑えて手間を削減。

北日本オートバックス様

株式会社 北日本オートバックス様

SmartFlow 導入事例 北日本オートバックス様

実際の業界で、LINE WORKSとワークフローシステムがどのように連携し成功を収めているか、一例を紹介します。

「北日本オートバックス株式会社」は、オートパーツや自動車保険などの販売を行う企業で、社員の働き方改革を進めるために、LINE WORKSとワークフローシステム「SmartFlow」の導入を決定しました。このシステム導入により、以下のような変化がありました。

シームレスなコミュニケーションの実現
全社員がLINE WORKSで一元的にコミュニケーションを取ることで、情報共有のスムーズさとスピードが向上しました。

業務の効率化
SmartFlowによる承認フローの自動化により、書類の準備や確認作業が大幅に削減され、業務効率が向上しました。

リモートワークの推進
SmartFlowを通じた業務プロセスのデジタル化により、場所にとらわれずに業務を行うリモートワークが可能となりました。

これらの結果、北日本オートバックス株式会社は、業務の効率化と働き方改革を同時に進めることができ、新しい働き方を実現しました。LINE WORKSとワークフローシステム「SmartFlow(スマートフロー)」の連携は、働き方改革を実現し、業務効率を向上させる強力なツールとなりました。

LINE WORKSとの連携は
SmartFlow(スマートフロー)

LINE WORKSとの「SmartFlow」の連携により、複数の部門や担当者が同時に承認作業を行うことが可能となります。これは、LINE WORKSの連携機能とSmartFlowのクラウド型システムの効率性が相まって、決裁までの時間を大幅に短縮します。また、問題が発生した際には作業の進行を停止し、差し戻すことができます。これにより、「承認者が不在」や「他部門との連携が不十分」といった問題が改善されます。

LINE WORKS 申請方法

さらに、SmartFlowを通じて業務上の条件分岐を設定することで、手動で行っていた作業の振り分けを自動化できます。これにより、作業が簡略化され、LINE WORKSと連携することでワークフローの改善や業務効率化が一層進みます。
LINE WORKSとSmartFlowの連携により、誰でも簡単にワークフローを作成し、社内の稟議・申請・報告書を一元管理することが可能になります。これらの機能を最大限に活用し、ビジネスの効率化を実現するため、ぜひLINE WORKSとの「SmartFlow」の連携導入をご検討ください。