テレワークの課題を解決

テレワークを導入するにあたっては、まずしっかり体制を整えて、さまざまな課題を解決しておくことが何より大切だといえます。そのためにも、ワークフローシステムは欠かせません。ここでは、テレワーク導入を検討されている方向けに、ワークフローシステムを用いた解決策をご紹介します。

テレワークの課題をワークフローシステムが解決可能な3つの理由

いつでもどこでも操作可能

社内ルールの見直し

コンプライアンスの強化

1.いつでもどこでも操作可能

ワークフローシステムは、テレワークの課題を解決するための手段でもあります。オンライン上で一連の業務を実行できるワークフローシステムでは、まず紙の書類のように手渡しで引継ぎをする必要がありません。申請や承認に際して、わざわざ出社する必要もなくなるため、その分の時間も削減することができます。もちろん、社内で書類を回すより業務スピードも上がるため、業務にタイムラグが起こりがちなテレワークだからこそ、ワークフローシステムの徹底が不可欠だといえるのです。

pexels-tima-miroshnichenko-5615067

2.社内ルールの見直し

申請や承認といったワークフローを書類で行っている場合、社内のルールが曖昧になっていて業務に支障をきたしてしまうことも珍しくありません。イレギュラーな方法で申請しても承認されてしまうケースもあります。ワークフローシステムをしっかり整備することは、一連の業務の流れについて社内のルールを厳格化するということです。ワークフローシステムの導入をきっかけにルールを定めて内部統制されるお客様も少なくありません。
また、ルールだけでなく業務フローが明確になり、システム上で管理されるため、業務漏れを無くしスピーディに対応できる運用を実現します。
pexels-markus-winkler-11253883

3.コンプライアンスの強化

ワークフローシステムでは、誰が承認したかというログもデータに残ります。そのため、文書の改ざんもできなくなり、内部統制やコンプライアンスの強化にも大いに役立ちます。
テレワークだからといって、メールやチャットなどの簡単な確認で、会社の重要な稟議を完了していると、過去に遡って稟議内容を確認したい時に、過去のログから一件ずつ、該当のやり取りが見つかるまで確認し続ける無駄な業務はワークフローシステム導入で削減できます。
pexels-ivan-samkov-4238488

カンタン1分で完了!トライアル登録で全ての機能がお試し可能です。