サイトロゴ.001

ワークフロー入門物語②
稟議の旅

ワークフロー物語:サムネ (2)

こちらの記事で紹介する物語は架空のものです。一見、時代設定や登場する状況が現実と異なるかもしれませんが、これらはただの背景情報です。物語の核心は、実際のビジネスシーンに溶け込む業務やワークフロー、そして稟議書の作成と利用といった要素です。

この物語を通じて、ワークフローシステムの役割や、それが組織内のコミュニケーションをどのようにスムーズにし、そしてその結果、業務効率がどう向上するのか理解を深めて頂けると幸いです。

稟議ってなんで書くんですか?

ある日、新入社員の田中くんが総務部長、鈴木さんの元へと向かいました。「部長、PCを新しくするための手続きが複雑すぎます。それに、全然知らない役員にまで説明しなければならないのですか?それなら、せめて社長1人に説明して、それでおしまいにできないでしょうか?」と、彼は困った顔をして訴えました。

 

鈴木さんは微笑み、自分の椅子に腰掛けると、田中くんを落ち着かせるために手を上げました。「田中くん、君の感じているフラストレーションはわかるよ。だけど、その手続きの全てには理由があるんだ。」鈴木さんは深呼吸し、話を始めました。

 

「まず、稟議書を書くことの重要性だけど、それは全ての関係者が同じ情報を共有できるようにするためだよ。それによって、誤解や不明確な点を避けることができる。例えば、どのPCを購入するのか、その必要性は何なのか、予算はどのくらいなのか、購入先として考えている取引先が妥当なのか、全てが明確になる。」

 

鈴木さんは一息つき、その後続けました。「そして、それを多くの人に説明するのは、全ての関係者が購入についての意思決定に関与できるようにするためだよ。稟議書を書いて、それを役員たちに見せることで、彼らが企業の資源がどのように使われるべきかについての視点を持つことができる。それによって、我々はより効率的で公平な経済的決定を下すことができるんだ。」

 

田中くんは少し考え込み、それから首を傾げて聞きました。「でも、それって、時間がすごくかかりますよね?それに、私のような新人が上層部に直接話すなんて、ちょっと怖いです…」

稟議は、ただの手続きじゃない!

鈴木さんは慈悲深く田中くんを見つめました。「そうだね、それは怖いかもしれないけど、これが君にとって重要な経験になると思うよ。その手続きを通じて、各部門や上層部の人々と関わる機会が得られるんだ。彼らの見解を聞くことで、企業全体の視点を理解することができるよ。それに、人々と話すことで自分の意見を表現するスキルも磨かれる。これは単にPCを買うということ以上のものなんだ。君の成長と職場でのコミュニケーションスキルの向上につながるんだよ。」

 

田中くんは深く考え、しばらく黙って考え込みました。それから彼は頷き、微笑みました。「なるほど、そういうことなんですね。ただの手続きだと思っていましたが、それが組織全体のコミュニケーションと成長の機会だとは思いませんでした。」

 

「さあ、それで終わりだよ。」鈴木さんは手を叩き、立ち上がりました。「それじゃ、稟議書を書くのを手伝おうか?これが君の最初の大きなステップだよ。」

稟議を通してスキルアップ

そこから数週間が過ぎ、田中くんは稟議書の作成や承認プロセスに慣れてきました。彼は上層部のメンバーとの面談で、自分の意見をしっかりと伝えることができるようになりました。彼らの質問に答え、また、彼らのフィードバックを自分の作業に反映させることができました。結果として、彼の提案はスムーズに通り、新しいPCの購入が承認されました。

 

それから数日後、彼のデスクには新しいPCが届きました。その瞬間、彼は自分がどれだけ成長したかを実感しました。初めは単にPCを手に入れるための煩わしい手続きと思っていたものが、実は自分のスキルと視野を広げる絶好の機会だったのです。

 

彼は鈴木部長のオフィスへ向かい、「部長、新しいPCが届きました。ありがとうございます。これが可能になったのは、鈴木部長が私に稟議書の書き方やプロセスの重要性を教えてくれたからです。これからもっと良い提案ができるようになりたいと思います。」と言いました。

 

鈴木さんは嬉しそうに笑い、田中くんの肩を叩きました。「よくやった、田中くん。君の成長を見て、とても誇りに思うよ。これからも学び続けて、新たな挑戦を楽しんでほしい。それが君が会社にとって価値ある存在になるための道だからだよ。」

ワークフローシステムのメリットって?

さらに数日後、田中くんと鈴木部長はシステム部長の山本さんからの招待を受け、彼のオフィスに足を運びました。山本さんは彼らをにっこりと迎え入れ、一つのプロジェクトを提案しました。「田中君、鈴木さん、新しいワークフローシステムの導入を提案したいと思っています。これは稟議プロセスを電子化し、すべての手続きをより効率的にするものです。」

 

田中くんは疑問そうに首をかしげました。「それって、私たちがやっていることを全部変えるってことですか?それなら、私たちがこれまでに学んだことは全部無駄になってしまうんじゃないですか?」

山本さんは優しく笑いました。「いいえ、それは違うよ。実際には、ワークフローシステムは君たちの努力を無駄にするどころか、それを強化し、手続きをよりスムーズに進める手段になるんだ。」

鈴木部長は頷きました。「山本さんの言っている通りだよ、田中くん。このシステムは、私たちがこれまでに学んだことをデジタル化するだけ。それによって稟議書の作成や提出、そして承認プロセスをより効率的にし、時間を節約できるようになるんだ。」

鈴木部長は頷きました。「山本さんの言っている通りだよ、田中くん。このシステムは、私たちがこれまでに学んだことをデジタル化するだけ。それによって稟議書の作成や提出、そして承認プロセスをより効率的にし、時間を節約できるようになるんだ。」

 

山本さんは続けました。「また、電子化されたシステムは、書類のトラッキングや管理を容易にし、誤解や混乱を最小限に抑えることができます。そして、全ての関係者が同じ情報を共有し、進行状況を確認できるのです。」

 

田中くんはしばらく考えた後、頷きました。「それなら、これは良いアイデアかもしれません。私たちがこれまでに学んだことを活かしつつ、もっと効率的に業務を進めることができるなら、それは大歓迎です。」

 

そしてそこから、彼らは新しいワークフローシステムの導入に向けて協力することになりました。これにより、稟議プロセスはさらに効率的になり、全てのステークホルダーがよりスムーズにコミュニケーションを取り、理解し合うことができるようになりました。山本さんはシステムの操作方法を丁寧に教え、田中くんと鈴木部長は次第に新システムに慣れていきました。

 

ワークフローシステムの導入により、稟議書の作成、提出、承認が一元化され、見通しがよくなりました。各ステップのステータスはリアルタイムで共有され、遅延やミスのリスクが減少しました。また、田中くんはシステムを使って役員に提案を送ることができ、それにより役員からのフィードバックも即座に得られるようになりました。

ワークフローシステムは組織の成長に不可欠

ある日、田中くんは鈴木部長と山本さんの元を訪れ、「この新しいシステム、本当に素晴らしいですね。僕の仕事を助けてくれるだけでなく、より多くの人とコミュニケーションを取る機会を与えてくれます。」と、彼は感謝の言葉を述べました。

「はじめは、電子化することでコミュニケーションの機会がなくなるかと、残念な部分もあったんですが、逆でした。お互いに時間が節約できるようになりましたし、そこでWEBミーティングを短時間でお願いしたりして、今までよりも丁寧にコミュニケーションがとれるようになったと思います。

鈴木部長は田中くんに微笑みかけ、「君がこのシステムを活用できていることを見ると、私たちも嬉しく思うよ。これは組織全体が連携し、効率的に動けるようになる大きなステップだからだ。」と、彼は胸を張りました。

そして山本さんも加わり、「それこそがこのワークフローシステムの目指すところだよ。田中くんがその一部として成長し、貢献してくれることに感謝しているよ。」と、彼は言いました。

物語はここで一区切りとなります。しかし、その後も田中くん、鈴木部長、そして山本さんのトリオは、新しいワークフローシステムを活用して稟議プロセスをさらに進化させていきました。この物語は、変化と適応、そして絶え間ない成長と向上心の力を象徴しています。これらはすべて、組織が健全に機能し、成長し続けるために不可欠な要素なのです。

まとめ①
稟議プロセスの重要性

稟議プロセスは組織内の意思決定の透明性と効率性を保証する重要なメカニズムです。各部門や上層部の人々と関わる機会を通じて、新入社員は組織全体の視野を広げることができます。

 

このプロセスを通じて、各ステークホルダーが同じ情報を共有し、より公平で効率的な決定を下すことが可能になります。また、この過程は新入社員がコミュニケーションスキルを磨く絶好の機会でもあります。その結果、組織全体が効率的に運営され、成長し続けることが可能となります。

まとめ②
ワークフローシステムの効果

ワークフローシステムは稟議プロセスを電子化し、一元化することで、手続きの効率性と透明性を大幅に向上させるツールです。書類のトラッキングや管理が容易になり、誤解や混乱が最小限に抑えられます。

 

また、全ての関係者が同じ情報をリアルタイムで共有し、進行状況を確認することができます。その結果、稟議書の作成、提出、承認がよりスムーズに行われ、業務の効率性が向上します。これは組織全体の連携を強化し、より効率的な運営を可能にする大きなステップとなります。

ワークフローシステムの決定版
SmartFlow

SmartFlowは、システムが苦手な方でもノーコードで手軽に社内の稟議・申請、承業務を電子化することが可能なクラウドワークフローシステムです。スマホアプリ対応やLINEWORKS等のグループウェア連携も実装されており、申請者、承認者にとっても嬉しい機能が盛りだくさんです。