サイトロゴ.001

ワークフローシステムの選び方とは?

ワークフローシステムを選ぶ際には、必要な機能の選択・コストの考慮等複数の観点で判断が必要です。
この記事では選定のポイント詳しく解説します。

ワークフローシステムの選び方

目次

ワークフローシステムの選定ポイントは?

ワークフローシステムを選ぶ際の主要な選定ポイントは、コスト、機能、そして使いやすさです。

ワークフローシステムを選ぶ際には、自社のニーズと予算に適したものを見つけることが最優先です。

まず、「コスト」について考慮します。予算内で、どれだけの機能やサービスを受けられるかを評価する必要があります。初期投資だけでなく、システムの維持やアップデートに必要な費用も把握しましょう。

次に、「機能」です。自社が日常的に必要とする機能をしっかりと提供しているかを確認します。承認フローの管理やフォーマットのカスタマイズ、他のシステムとの連携能力など、必要な機能が全て揃っているかを見極めることが大切です。

最後に「使いやすさ」も重要な選定ポイントです。使いやすさは、スタッフがシステムを簡単に操作できるかどうかに直結します。使い方が複雑でなく、迅速なサポートが受けられるシステムを選ぶことで、導入後のトラブルを避けることができます。
それぞれのポイントを解説します。

ワークフローシステムを選ぶとき、考慮すべきコストとは?

ワークフローシステムのコストを考慮する際には、初期費用だけでなく、長期的な維持費用やカスタマイズ、アップグレードの費用も含めて全体的なコストを見積もることが重要です。

ワークフローシステムの選択時にコストを考慮する際、見落としがちなのが維持費用やアップデート費用です。初期導入費用だけでなく、これらの長期的なコストも視野に入れて評価する必要があります。たとえば、システムのメンテナンス費用や、新たな機能を追加するための費用、さらにはスタッフがシステムを使いこなすためのトレーニング費用も考慮しましょう。

価格だけを見てシステムを選んでしまうと、後から予想外のコストが発生することがあります。それを避けるためにも、初期費用だけでなく長期的なコストも評価し、トータルで最もコストパフォーマンスの良いシステムを選ぶことが大切です。価格と利益を比較し、そのバランスが良いと判断できるシステムを選びましょう。

ワークフローシステム導入時に必要な機能とは?

ワークフローシステムの機能は、業務フローの自動化、申請フォームのカスタマイズ、複雑な承認ルートの管理など多岐にわたります。
必要な機能の選び方は、自社のビジネスニーズと業務フローを深く理解し、それに最も適した機能を持つシステムを選ぶことが求められます。

ワークフローシステムは業務をスムーズにするためのさまざまな機能を提供します。これには、業務フローを自動化したり、申請フォームを自由に作成したり、複雑な承認プロセスを管理したりする機能があります。これらの機能は、手間のかかる作業を効率化し、時間を節約することができます。
しかし、どの機能が必要かは、あなたの会社の業務やニーズによって異なります。だからこそ、自分たちの業務を見つめ直し、何が必要で何が不要かを明確にすることが大切です。そして、そのニーズに合わせたシステムを選ぶべきです。また、ビジネスが成長し、業務が変化することも考慮に入れて、将来的にも対応できるシステムを選ぶことも重要です。

ワークフローシステムの使いやすさを判断するための判断基準とは?

ワークフローシステムの使いやすさを判断するためには、直感的なインターフェース、カスタマイズ可能な設定、簡単な導入プロセス、質の高いサポートなどが提供されているかを確認するべきです。

ワークフローシステムを選ぶ際の重要なポイントの一つは使いやすさです。そのために、以下の要素に注目しましょう。
まず、インターフェースです。操作が直感的で、見た目がシンプルなシステムは、使う人が迅速に理解しやすく、すぐにでも使い始めることができます。 次に、カスタマイズ可能性です。各企業の業務は異なりますから、システムが自社のニーズに合わせて調整できるかどうかが重要です。 また、導入とセットアップの簡易さも見逃せません。複雑なセットアップは時間とリソースを消費します。その分、ビジネスの成長を妨げる可能性があります。
最後に、サポートが充実しているかどうかも重要な判断基準です。システムに問題が発生した場合や質問がある場合、迅速で質の高いサポートを提供するシステムを選びましょう。これは、将来的なトラブルや困難を避けるために不可欠です。

ワークフローシステムを導入する前に何を確認すべきか?

ワークフローシステムを導入する前には、以下の5つの主要な要素を確認すべきです申請
申請フォーマットの適応性、承認ルートの複雑さへの対応能力、必要な付帯機能の有無、システム連携の可否、そしてコストパフォーマンス。

ワークフローシステムを導入する際には、あらゆる要素を総合的に考慮する必要があります。この5つの要素は、システムが自社のニーズに適しているかどうかを判断するための基本的な指標となります。
具体的には、申請フォーマットが自社のビジネスプロセスに適応できるか、システムが複雑な承認ルートをサポートできるか、必要な付帯機能を備えているか、他のシステムとの連携が可能か、そしてコストがその性能に見合っているか、というポイントを確認します。
それぞれの項目について、以下で詳しく説明します。

申請フォームが業務ニーズと合致しているか?

申請フォームの適応性は、ワークフローシステムの使い勝手と効率に大きく影響します。確認するには、特定の業務プロセスに対するシステムの柔軟性とカスタマイズ可能性を見てください。

申請フォーマットは、業務フロー中で使われる各タスクやリクエストの構造や形状を定義します。これは購入注文や休暇の申請書、経費報告書など、業務プロセス全体をカバーします。
ワークフローシステムが提供する申請フォーマットが、あなたの業務ニーズに合致しているかどうかを判断するためには、以下のポイントに着目してください。

柔軟性 - システムが様々な種類の申請をサポートしているか、また、それらがあなたの組織の要件に応じて変更可能か確認します。

カスタマイズ可能性 - システムが特定のデータフィールドや承認ステップの追加や削除を可能にし、フォームのデザインをあなたのブランドや企業規範に沿って変更できるかチェックします。

以上の要素が満たされている場合、そのワークフローシステムの申請フォーマットは、組織の要求に適応していると言えるでしょう。
これは、システムがあなたの実際の業務フローを効率的に支える能力があることを示します。

自社で必要な承認フローに対応できるワークフローシステムか?

ワークフローシステムが複雑な承認ルートに対応できるかどうかを確認するためには、システムが自社が必要とする承認アクションに対応しているか条件分岐、引き上げ承認、そして代理承認という機能を持つかをチェックすることが必要です。

自社で必要な承認フローがワークフローシステムで実装可能かどうかを把握するためには、以下の点を確認すると良いでしょう。

ビジネスプロセスの理解: 自社のビジネスプロセスを明確に理解し、それを支える承認フローの要件を定義することが重要です。これには、承認の段階数、参加者の役割、任意または必須の条件、繰り返しまたは例外処理などが含まれます。

機能のチェック: 定義した要件が、選択するワークフローシステムの機能と一致するかを確認します。これには、条件分岐、引き上げ承認、代理承認などの機能が正しく機能するかどうかを確認することが含まれます。
システムの柔軟性: 自社のビジネスニーズや市場の変化により、承認フローは時には変化することがあります。したがって、ワークフローシステムは、新しい要件を簡単に追加または変更できる柔軟性を持つことが求められます。

これらのステップを通じて、自社で必要な承認フローを実現するための適切なワークフローシステムを選択することができます。また、可能であれば、ベンダーにデモや試用期間を提供してもらい、自社の具体的な承認フローをシステムで試すことも有効です。

ワークフローシステムに求めるオプション機能が搭載されているか?

ワークフローシステム選定においては、自社のビジネス要件に対応するオプション機能の存在をチェックすることが重要です。

オプション機能とは、ワークフローシステムの基本機能を補完する追加機能のことを指します。これらの機能は、例えば高度なデータ分析、AIによる作業自動化、モバイル対応など、特定の要件に対応するために使用されます。

自社が特に必要とするオプション機能は、ビジネスの性質やプロセスによって異なります。例えば、フィールドでの作業が多い場合はモバイルデバイス対応が重要になりますし、大量のデータを扱う業務ではAIの助けが必要になるでしょう。

ワークフローシステムを選ぶ時には、自社の要件に合致するオプション機能が提供されているかを検討することが重要です。そして、その機能が直感的に使いやすく、またカスタマイズ可能であることも確認するべきです。

システム連携可能なワークフローシステムを選択すべきか?

システム連携可能なワークフローシステムを選択することは、一貫性のある情報共有と業務効率化のために、非常に重要です。

システム連携とは、異なるシステム間でデータを自動的に共有し、それらのシステムが一体となって動作することを指します。たとえば、ワークフローシステムとCRM(顧客関係管理)システムが連携していれば、顧客データを手動で転記する必要がなくなり、作業効率が大幅に向上します。

また、システム連携は、情報の一貫性を保つためにも重要です。システムが連携していれば、一つのシステムで更新されたデータが他のシステムにも自動的に反映され、全てのシステムが最新の情報を保つことができます。

したがって、ワークフローシステムを選ぶ際には、他のシステム(例えばCRMやERP)との連携が可能かどうかを確認することが重要です。システム間連携の可能性は、業務効率化や情報の一貫性向上に寄与します。

ワークフローシステムのコストをどのように見極めるべきか

ワークフローシステムのコストが見合っているかを判断するには、投資対効果(ROI)を考慮し、そのシステムが業務効率化や業績向上にどれだけ貢献するかを評価することが重要です。

ワークフローシステムのコストは、初期導入費用、運用費用、保守費用、アップグレード費用などを含む全体的な投資を意味します。これらのコストが見合っているかを評価するためには、そのシステムがもたらす利益を見極めることが重要です。

そのためには、まずシステム導入によりどの程度業務効率が向上するのか、それによるコスト削減はどの程度あるのかを試算します。さらに、ワークフローシステムが提供するデータ分析機能や予測機能により、新たなビジネスチャンスが開かれる可能性も考慮すべきです。

つまり、ワークフローシステムのコストが見合っているかを判断するには、そのシステムが組織の業績向上にどれだけ寄与するか、そのための投資がどれだけの価値を生み出すかを評価することが求められます。

ワークフローシステムの選び方まとめ

ワークフローシステムを選定するポイントは多岐にわたります。まず、必要な機能を明確にし、それを満たすシステムを選ぶことが基本となります。これには基本機能だけでなく、付帯機能やオプション機能も含まれます。その上で、システムの使いやすさを確認し、適切な申請フォーマットが提供されているか、複雑な承認ルートに対応可能かをチェックすることも重要です。 さらに、システム連携が可能かどうかも重視すべきポイントの一つです。既存のシステムとの連携が可能なワークフローシステムは、業務効率化や情報の一貫性を実現するために大きなメリットを提供します。

コストについては、システムの価格だけを見て判断するのではなく、投資対効果(ROI)を考慮することが重要です。システムの価格とそのシステムが提供する価値(効率化、コスト削減、ビジネスチャンスの増大など)をバランス良く考慮して、コストが見合っているかを判断しましょう。

最後に、ワークフローシステムを導入する前には、必要な機能やコスト、システム連携の可能性など、全ての要素を十分に確認してから決定することが望ましいです。これにより、自社のビジネスに最適なワークフローシステムを選択することが可能になります。

ワークフローシステムSmartFlow(スマートフロー)

SmartFlowは、システムが苦手な方でもノーコードで手軽に社内の稟議・申請、承業務を電子化することが可能なクラウドワークフローシステムです。
スマホアプリ対応やLINEWORKS等のグループウェア連携も実装されており、申請者、承認者にとっても嬉しい機能が盛りだくさんです。
初期費用は無料で1アカウント300円と業界最安クラスの価格でご利用頂けます。