クラウド型ワークフローシステムとは?
導入のメリットや選び方をご紹介

ワークフローシステムは、大きく分けると「オンプレミス」「クラウド」の2種類に分けられます。ここでは、それぞれの違いと、クラウドを選ぶメリットについて説明します。

クラウド型ワークフローシステム、導入の4つのメリット

ワークフローシステムの種類

クラウド型のメリット①コスト

クラウド型のメリット②
モバイルアクセス

クラウド型のメリット③
保守・メンテナンス

1.ワークフローシステムの種類

ワークフローシステムは、「オンプレミス」「クラウド」の2種類に分けられます。オンプレミス型はカスタマイズ性の高さやセキュリティの強さといったメリットがありますが、近年では、保守性・コストパフォーマンスの高さから、クラウド型が多く普及するようになってきました。

pexels-pixabay-277593-scaled

2.クラウド型のメリット①コスト

クラウド型のワークフローシステムの最大のメリットは、低コストで導入や運用ができる点です。初期費用、月額費用だけで済むクラウド型は、サーバー設置から行うオンプレミス型よりも初期費用を抑えることができます。また、機能のバージョンアップも基本的に無償で行われます。オンプレミスでは費用が発生する場合が多いので、大きな違いとなっています。
pexels-breakingpic-3305-scaled

3.クラウド型のメリット②モバイルアクセス

クラウド型のワークフローシステムは、インターネット環境があれば、ご利用のPC・モバイルからいつでもどこでも申請・承認を行うことができます。たとえば、出張先や移動中の電車からでも、申請や承認の作業を進められます。また、リモートワークを推進している場合も、必要に応じて自宅からシステムへ簡単にアクセスできます。

pexels-tyler-lastovich-699122-scaled

4.クラウド型のメリット③保守・メンテナンス

システムに障害が発生しても自社で対応する必要はなく、復旧はサービスを提供する事業者に任せられます。そのため、システムに詳しい社員がいなくても、安心して利用し続けられます。アップデートも自動でおこなわれるので、システムのバージョンをチェックする必要もありません。

pexels-field-engineer-442152-scaled

カンタン1分で完了!トライアル登録で全ての機能がお試し可能です。