top page

豊富なAPI連携網は、
SmartFlowの強み。


圧倒的な使いやすさを、あなたに。

SmartFlow APIがお手伝いできること

SmartFlowのAPI

ワークフローに特化したアプリケーションだから

細部までこだわった汎用的かつシンプルなAPIをご用意しています。

右の表より、APIの種類をご確認ください。

ワークフローAPI

お客様のシステムと外部連携を想定したワークフローに特化したAPIをご用意しています。製造・営業・品質管理システムなどとの連携が可能です。

トリガー( Webhook )

システムから各イベントに対するトリガーを取得できます。定期的に確認しなければならない情報や常にアップデートしておかなければならないフォームなどに最適です。

マスタ連携

すでに使用している自社の書式をAPI連携しワークフロー内に組み込むことが可能です。さらに汎用的なワークフローの構築ができます。

全てのAPIを確認

SmartFlowがどのようなAPIを用意しているのか確認されたい場合はAPIドキュメントをご確認ください。

ワークフローAPIの仕組み

自社開発システム・基幹システム・顧客管理・営業管理など、ワークフローが発生する全ての業務でワークフローAPIが活用されています。 SmartFlowはサードパーティーツールとの連携も可能で、ワークフローAPI連携だけでなく、その後の保存や回覧なども一元化が可能です。

お問い合わせ

このようなお客様に最適です

既存の基幹システムとの連携を考えている方

既存の基幹システム連携をワークフローで行いたいが、自分たちで開発する工数や費用が心配である。外部連携ができて、かつ低価格な良いツールを探している。

これからワークフローを含めた基幹システムを想定されている方

これから基幹システムの開発と合わせてワークフローを組み込みたいと社内で検討しているが、自分たちで開発すると想定していた。実装工数を大幅に越えてしまうため外部連携を考えている。

素早く簡単にAPI連携を行いたいと考えている方

外部連携APIのみの連携を想定しており、ワークフローが行えるものを探している。かなり急いでいるので、簡単に組み込めるものかつ新規APIが必要になった際に追加で開発をしてもらえるものを探している。

SmartFlow APIがお手伝いできること

{クラウドシステム}

SmartFlow APIは既に使用しているクラウド型システムとのAPI連携が簡単に行えます。クラウド型なので工数がかかりません。

{トリガー連携}

Webhookを利用し各イベントごとの通知が簡単に行えるためシステムワークフロー内でのイベント呼び出しに最適で業務効率化に大変役に立ちます。

{申請承認API}

手動で行っていたワークフローを外部連携することで時間のかかっていた承認・起案などの作業をさらに効率的に進めることができます。

{マスタ・自社書式連携}

自社書式がある場合(ない場合でも)既存の顧客情報などをマスタとして登録することでワークフロー内に簡単に組み込むことが可能です。

お問い合わせ

導入実績は250社以上。
SmartFlowは、初期費用0円、利用料も0円から

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である

ISO/IEC 27001の認証を取得しています。